自宅で簡単にできる白髪染めを求めて

2年ほど前から白髪が気になり始め、なにか対処する良い方法はないものかと考えて、ネットなどで検索していたところ、サスティという会社のカラートリートメントに行き着きました。他にもたくさん白髪染めトリートメントがあるなか、なぜ私がこの商品に目をつけたかと言いますと、まずその成分なんです。

これは、天然の利尻昆布エキスを贅沢に配合しており、昆布に含まれるミネラルのおかげで、髪と頭皮に栄養と潤いを与えてくれるという、白髪を染めるだけでなく美髪も大いにかなえてくれそうなイメージを持たせてくれたからです。おまけにカラーをするときの、あの独特のツンとした匂いもなく、風呂場で洗髪後にいつものヘアトリートメントの代わりになじませるだけという手軽さにも魅かれて、早速ネットで購入しました。

確か初めて注文する場合は割引があり、しかも3本まとめて購入すると、さらにお得に手に入れられたと思います。

到着したその日に、早速試してみました。シャンプー後しっかりと水分を切り(私はロングヘアでないので手でしっかりと髪をしぼって)、片手にたっぷりとトリートメントを取り、頭頂部に置いてから髪全体になじませていきます。その後シャワーキャップをかぶってしばらく湯船につかり、15分から20分ほどしてから、しっかりとお湯だけで洗い流します。この時流れていく真っ黒なお湯をみて、かなりぎょっとしました。このまま風呂場の床や排水溝が真っ黒になったまま色落ちしなくなっては困る!と、気が気でなかったのです。しかしそんな悲惨なことにもならず、ちゃんと元通りになりました。ただ、掌や指、爪のなかはしっかりと石鹸で洗っても、なかなかきれいに落ちてくれなくて、それが大変困りました。やはりビニール手袋など使えば良かったと思いました。

さて、髪の方はと言うと、ドライヤーでしっかり乾かして見てみると、確かに白髪がツンツンとしていたのがちょっと色素が入ってくれて若干目立ちにくくなっていました。髪も昆布エキスのおかげか、とてもしっとりと柔らかくなって嬉しかったので、しばらく続けてみました。このタイプのトリートメントは積み重ねていくことで、しっかりと色が定着していくのです。

白髪染めは自分でやってみると意外と簡単でした。

しかし今はもう使っていません。シャンプー後濡れた髪に使うタイプなので、乾いた髪に使うタイプのものと比べると、やはり色が入りにくいみたいですし、湯船につかっている間、シャワーキャップから液がたらーっと流れてきやしないかと心配で、あまりリラックスして入浴タイムを過ごせなかったからです。次は乾いた髪に使えるトリートメントを使おうと、またネットサーフィンしているところです。

人気の育毛シャンプーの中からおすすめのものをランキングにしました。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>